金相場 時間足と金ドルの形状に注目!

JPX金は前日比34円安の7532円近辺で推移しています。

9月8日に7937円の高値を示現したあとは上値の重い展開が続いていますね。

9月26日に大陰線を形成したものの、戻りは限定的で陰線を継続していることを考えるとこの下げの一服感はいまのところないと言えます。

動画でも話していますが、下値のターゲットとしては100%押し水準が視野に入っていると考えられます。

もちろん、26日の安値7506円を維持して、下ヒゲを形成するような反転サインが点灯すれば、上昇期待も高まる可能性もありますが、現状はその動きを確認できていませんので、どこまで下落するかに焦点を当てる必要があります。

反転のサインを確認するには日足チャートでは判断が遅くなりますので、やはり60分足や4時間足での確認が必要です。

そのあたりの確認方法について知りたい方はいつでもご連絡ください。

ここからは、金ドルの反転サインにも要注目です。

以下、金相場、白金相場の分析動画が参考になれば幸いです。




独自サイクルトレードの詳しい戦略についてご感心いただけましたらいつでもご連絡ください。
お問い合わせはこちらをご覧ください ≫ Click!

【メルマガ】CX・FXに特化した情報マガジン”LearnCycleTrading”

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。