金相場 3営業日連続の陰線形成

JPX金は前日比43円安の7523円で引けました。

実線は3営業日連続で陰線を形成しており、直近安値を形成した26日27日の下ヒゲに絡むカタチで1文足らずの大引け坊主を形成。

また、8月3日安値から9月8日高値の値幅の76.4%押しラインを確定足で下抜けたことも下落リスク拡大を示唆するものです。

米ドル円は日銀の為替介入で高値圏での様子見となる中、金ドル相場が上値の重い展開が続いており、直近安値を下抜けるともう一段の下落も想定されるため、JPX金の売り材料となりそうです。

下値は8月3日安値7411円や200日EMAが視野に入ってきそうです。

以下、金相場、白金相場の分析動画が参考になれば幸いです。




独自サイクルトレードの詳しい戦略についてご感心いただけましたらいつでもご連絡ください。
お問い合わせはこちらをご覧ください ≫ Click!

【メルマガ】CX・FXに特化した情報マガジン”LearnCycleTrading”

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。