最新金融マーケット・経済イベントをチェック!(7月20日)

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。
Learn Cycle Trading TV

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

7月19日取引のマーケットサマリー(終値)

コモディティ
NY金 1710.70
NY白金 858.90
NY原油 100.474
NY銅 3.2910

くりっく株365
日経225 27385
NYダウ 31825
DAX 13352
FTSE100 7282

くりっく365
米ドル円 138.205
ユーロドル 1.0223
ユーロ円 131.340
ポンド円 165.78
豪ドル円 95.330

ドルインデックス 106 .684

日経VI 21 .76
S&P500 3936 .69
VIX指数 24.50
上海総合 3279.43
米2年債利回り 3.241
米10年債利回り 3.028

ダウ工業株30種平均は上昇。米国では、4〜6月期決算発表が本格化している。前日に決算発表した金融大手ゴールドマン・サックスは、大幅減益だったものの、1株当たりの利益は市場予想を上回った。5.6%高と大幅に上昇し、ダウ平均をけん引した。石油大手のハリバートンは、原油高の追い風を受け、市場予想を上回る好決算だった。ポイント安の1万1360.05で引けた。

ダウ平均   31827.05(+754.44 +2.43%)
S&P500    3936.69(+105.84 +2.76%)
ナスダック   11713.15(+353.10 +3.11%)

米ドル円は上昇。欧州通貨高に対してドル売りが優勢となったほか、米6月住宅着工件数・許可件数が前月から減少したため7月連邦公開市場委員会(FOMC)での1%利上げ観測を受けたドル買いがさらに後退。その後、米債利回りの上昇に伴うドル買いが再燃した。

NY金は上昇。米欧などの金融政策決定の行方に注目が集まる中、ほぼ横ばいとなった。欧州中央銀行(ECB)当局者が21日開催の定例理事会で25ベーシスポイント(bp)もしくは50bpの利上げについて議論する見込みと報じた。これをきっかけに、外国為替市場ではドルがユーロなどに対して下落。ドル建てで取引される金塊の割高感が薄れ、金相場はプラス圏に浮上した。

NY原油は上昇。主要国の景気悪化による需要下振れが警戒されている一方、供給ひっ迫懸念が根強く、相場を押し上げた。ロシアからドイツへ天然ガスを供給するノルドストリーム1の再稼働を巡って、ロシアは欧州を苛立たせており、原油も経済戦争の武器として利用される可能性が高いことが買い戻しを後押しした。


20日の国内・海外経済指標と行事予定
●国内経済・指標関係
日銀金融政策決定会合(21日まで)
0850 主要銀行貸出アンケート調査(日銀)
1020 国庫短期証券の入札発行
1030 流動性供給入札
1230 国庫短期証券の入札結果
1235 流動性供給入札結果
1330 6月・上半期マンション販売動向(不動産経済研究所)
1400 6月のコンビニ売上高
1615 6月訪日外国人客数(日本政府観光局)
1700 流動性供給入札において追加発行した国債の銘柄
 決算:日本電産(4─6月期)

●海外予定
◇指標 06:00 独:生産者物価指数(連邦統計庁) Jun 06:00 英:消費者物価指数(国立統計局) Jun 06:00 英:生産者物価指数(国立統計局) Jun 09:00 ユーロ圏:経常収支(ECB) May 11:00 米:住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会) w/e 14:00 米:中古住宅販売(全米リアルター協会) Jun ◇イベント 17:00 米財務省20年債入札 ◇決算予定 テスラ

応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中!

友だち追加

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。