金先物上昇 金ドルの急反発で功を奏す

金先物は前日比100円高の7688円近辺で推移しています。

実線は10日EMAをサポートに反発し、大陽線を形成したことで、小レンジ上放れから上昇期待が高まっています。

ボトムサイクルが5月17日安値で確認できていることから、目先は上昇波形成の時間帯に入っていると思われます。

上値はBバンド2σ上限を試す展開が想定されます。

金ドルは昨日の相場で一時1828.52ドルまで下落する場面もありましたが、NYタイムに入ってからは流れが一転し、押し目買いが活発となったことで金先物の価格を押し上げるカタチとなりました。

さらに、ドル円相場が130円台に乗せたことも日本の金先物の価格を押し上げています。

ドル円についても既にボトムを確認していることから、金ドルが横ばいまたは上昇となれば、金先物はもう一段の上昇も考えられます。

【無料メルマガ】デリバティブ取引[CX・FX]情報マガジン”VICTORY”
※トレード戦略の急所を配信します。

参考動画
【金先物・金相場】ボトムを確認して25日EMAに注目!
【FX・米ドル/円】ボトム確認から直近高値を試す展開へ!


金ドル 時間足
ドル円 時間足
LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。