金先物は金ドル・FOMC議事録にも注目! 

金先物は前日比5円高の7576円近辺で推移しており、4時間足チャートで25本EMAをサポートに底堅く推移しています。

現状、日足ベースでは10本EMAをまだ回復していないことから、下落リスクは払しょくされていません。

上値の重さはドル円とドル建て金の綱引きが続いていることにありますが、明朝3時発表のFOMC議事録の内容によって変動が想定されます。

トップサイクルの日柄はまだ浅いことを考慮すると、上昇余地は十分ある状態と判断しています。


【金先物・金相場】引き続き10日EMAに注目!
→ 金先物分析動画
【FX・米ドル/円】10日EMAを上抜けできるか注目!
→ 米ドル/円分析動画

金ドル 4時間足チャート
ドル円 4時間足チャート

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。