金先物 75日EMAや雲がサポート役

金先物は前日比94円高の7556円近辺で推移しています。

日足チャートで考察すると、実線は6営業日ぶりに陽線を形成しており、下値は一目均衡表の雲上限や75日EMAにタッチしたあと、長い下ヒゲを形成して切り返しています。

ボトムサイクルは今日では40本となり、平均サイクルを考慮すると今回は長いサイクルを形成しています。

オシレーター系指標ではMACやストキャスティクスが下げ止まりのカタチを見せており、上昇期待も高まっています。

ここからの戦略としては買いエントリーのポイントを探る時間帯になりそうですが、4時間足ベースでしっかり底堅め→反転サインを確認する必要があります。

金ドルについては、上昇波動の100%押しを達成しており、長い下ヒゲ陽線形成による上昇期待が高まっています。

【金先物・金相場】反転サインを見極める時間帯!?
→ 金先物・分析動画

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。