金先物 短期足で反転サイン見極めの時間帯!?

金先物は前日比59円安の7462円で引けました。

実線は売り優勢の展開に5営業日連続で陰線を形成しました。

下値は一目均衡表の雲上限や75日EMAがサポート役として機能するカタチで下げ止まっているものの、現状は60分足や4時間足に反転サインが点灯していません。

ボトムサイクルは本日で39本目と、ボトム形成の時間帯に既に絡んでいる状態ですので戦略としては反転サイン待ちとなります。

焦らずしっかり反転サインを見極めて戦術を組み立てる必要がありますね。

【金先物・金相場】反転サインを見極める時間帯!?
→ 金先物・分析動画

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。