JPX金 11月10日の高値にほぼ面合わせ

JPX金先物は前日比37円高の8017円で引けました。

先週末の夜間取引で一時8047円まで上昇し、11月10日の高値8049円にほぼ面合わせするカタチになりました。

その後は一旦下落しましたが、再び買いが優勢となり、8000円台の大台で取引を終えました。

ドル円相場が129.90円近辺で推移しており、下値を切り返し気味の展開となっていることがJPX金の上昇に繋がっていますが、金ドルは1923.6ドル近辺で推移しており、徐々に上値が重くなり始めています。

4時間足で10本EMAを下抜け始めており、目先は25本EMA(1917.90近辺)を下抜けるかどうかですね。

この水準は2022年前半につけた高値圏のサポート帯になるため、下抜けるとインパクトはありそうです。

ちなみに今日は天王星の留、つまり昨年8月24日から始まった逆行現象が終わりました。正常な価値観がもとに戻る時間に入ります。

★JPX金相場のLINEオープンチャット

★相場でお困りの方・投資相談窓口
LINEでご相談ください(無料)→ https://t.co/rSqaxV8Wc4

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。