JPX金・白金 悲観の時間帯へ

JPX金は前日比66円高の7984円で引けました。

実線は5営業日連続で陽線を形成し、心理的節目の8000円を試す展開となっています。

この勢いはいまのところ勢力を維持しており、8000円台乗せを試す展開です。

心理的節目を上抜ける場合は昨年11月高値8049円を試す展開が想定されます。

トップサイクルの日柄を考慮すると、トップ形成の時間帯にあるため、今週のどこかでトップを形成する可能性が高まってきました。

重要な経済指標としては明日の米CPIが22時30分に発表されます。

世界のトレーダー等が大注目していることで、内容次第では大きな動きが考えられますので、この動きでトップを形成する可能性もありそうです。

8049円を上抜ける場合は、オーバーシュート気味に日足のチャネルラインを試す展開も意識されそうです。

JPX白金は前日比23円高の4478円で引けました。

実線は5日EMAをサポートに底堅い展開となり、直近3営業日で形成した上ヒゲに絡むカタチで陽線を形成しており、上値を試す勢いが衰えていないことを示唆しています。

トップサイクルを考慮すると、すでにトップ形成の時間帯にあるものの、プライスアクションの反転サインは一切出現しておらず、もう一段の上昇の可能性が高まっている状態です。

現水準は、昨年11月高値から形成した下降波の61.8%~76.4%の水準で推移しており、反転するのであれば、この水準になりそうですが、最大4508円で上値を抑えられるかが注目です。

4508円を超える動きとなれば、100%戻しに接近する動きが考えられます。

★JPX金相場のLINEオープンチャット

★相場でお困りの方・投資相談窓口
LINEでご相談ください(無料)→ https://t.co/rSqaxV8Wc4

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。