JPX金・JPX白金 状況判断が重要 ランチタイム

JPX金は前日比101円安の7825円近辺で推移しています。

実線は25日EMAを下抜けて大陰線を形成しました。

金ドルは1755.80ドル近辺に上昇しているものの、米ドル円が大幅下落となっており、現在138.99円近辺まで下げています。

ドル売りがJPX金の下落要因ですが、JPX金のいまの水準はレジサポにあたりますので、ここからは買いも入りやすいと思います。

いずれにしても、勝負を仕掛けるのは時期尚早ですので、反発を見た後の反転サインに注目しています。

JPX白金は前日比43円安の4355円近辺で推移しています。

実線は再び10日EMAを下抜けてきましたが、下値は25日EMAがサポート役として機能しています。

25日EMAが節目ですので、この水準を下抜けるかどうかですね。

動き出すと早いので、その流れに乗れるかが勝負ですね。

★相場でお困りの方・投資相談窓口
LINEでご相談ください(無料)→ https://t.co/rSqaxV8Wc4

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。