商品・為替相場 日中立会いを終えて 9/5

JPX金先物は前日比50円高の7695円で引けました。
実線は5日EMAや10日EMA、25日EMA、75日EMA、そして一目均衡表の雲を下限をサポートに陽線を形成しました。
先週の安値は7575円でしたが、その後は押し目買いが入り、再び雲の中に突入している状態です。
オシレータ系指標はレンジ継続を暗示する流れになっていますが、今週はレンジ上限を試す展開に変化する可能性が高まっています。

金ドルは1710.40ドル近辺で推移しており、9月1日の安値1688.82ドルから値位置を切り上げており、底堅めの様相を呈しています。
現状、4時間足で10本EMAと25本EMAの間で推移していますが、10本EMAをサポートに25本EMAを確定足で上抜ける動きとなれば、上昇期待が高まってきそうです。
今晩は米国が休場ですので、大きな動きにはなり難いですが、反転サインを見極める時間帯にあることから、ここからの動きには要注目です。

米ドル円は140.42円近辺で推移しており、先週末の相場で一時140.80円まで上昇した後、上ヒゲを形成しましたが、今日はその上ヒゲに絡む展開となっており、買い優勢の展開が続いています。
トップサイクルではトップ形成の時間帯に絡んでいるものの、反転サインが点滅していないことから、引き続きどこまで上昇するかを見る必要がありそうです。

ユーロドルは0.9892ドル近辺で推移しており、先週の安値を下抜けてきました。
ボトムサイクルは今日で38日目で平均サイクルが40本ということでボトム形成に絡んできましたが、いまのところは目立った反転の動きにはなっていません。
もう一段下落を意識した動きになりそうです。

以下、金相場、ドル円相場の分析動画が参考になれば幸いです。
https://youtu.be/7tSRNSlqznc


●これからの海外予定

◇イベント
英保守党、9月5日に新党首発表
東方経済フォーラム(8日まで) 
OPECプラス閣僚会合    

◇休場
米国、カナダ(以上、レーバーデー)



独自サイクルトレードの詳しい戦略についてご感心いただけましたらいつでもご連絡ください。
お問い合わせはこちらをご覧ください ≫ Click!

【メルマガ】CX・FXに特化した情報マガジン”LearnCycleTrading”

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。