最新金融マーケット・経済イベントをチェック!(6月1日)

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。
Learn Cycle Trading TV

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

6月1日取引のマーケットサマリー(終値)

コモディティ
NY金 1848.40
NY白金 968.30
NY原油 114.67
NY銅 4.2960

くりっく株365
日経225 27210
NYダウ 33059
DAX 14417
FTSE100 7590

くりっく365
米ドル円 128.690
ユーロドル 1.0733
ユーロ円 138.145
ポンド円 162.24
豪ドル円 92.400

ドルインデックス 101.776

日経VI 19.81
S&P500 4132.15
VIX指数 26.19
上海総合 3186.43
米2年債利回り 2.562
米10年債利回り 2.849

ダウ工業株30種平均は高インフレをめぐる懸念が再燃する中、7営業日ぶりに反落した。インフレ抑制に向けて米連邦準備制度理事会(FRB)が急速に利上げを行い、景気後退を招くとの懸念が、引き続き株価の重しとなっている。ダウが6営業日続伸していたため、利益確定のための売りも出やすかった。

ダウ平均   32990.12(-222.84 -0.67%)
S&P500    4132.15(-26.09 -0.63%)
ナスダック   12081.39(-49.74 -0.41%)

米ドル円は上昇。米株式市場は上げが一服しているものの、米国債利回りが上昇しており、それに月末要因も重なってドル円は買い戻しが膨らんだ模様。また、ウォラーFRB理事が「必要な限り0.50%ポイントの利上げが好ましい」とのタカ派なコメントを出したことも、ドル円をサポートしたようだ。一部からは、FRBが9月に利上げを実施した後に一旦様子を見るとの観測も出ているが、ウォラー理事の発言はその期待を後退させた格好。

NY金は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は30日、インフレ率が目標に近づくまで大幅な利上げを続ける意向を表明した。市場には9月に利上げが一時停止されるとの見方もあったことから、米長期金利が上昇。外国為替市場では対ユーロでドル高となり、ドル建て商品である金塊に割高感が生じた。金利の上昇も金利を生まない金の売り要因となった。

NY原油は下落。石油輸出国機構(OPEC)プラスが現行の生産協定からロシアを一時的に除外する可能性があると伝わったことが相場を圧迫した。米WSJがOPEC代表筋の発言として伝えた。ウクライナ危機後もOPECプラス全体の増産ペースが従来とほぼ変わらないことは、ロシアがOPECプラスの舵取り役として影響力を行使しているためであり、ロシアが一時除外されるとサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)が増産しやすくなるとみられている。


1日の国内・海外経済指標と行事予定
●国内経済・指標関係
衆院予算委・集中審議
0850 1─3月法人企業統計(財務省)
1030 若田部日銀副総裁が岡山県金融経済懇談会であいさつ
1400 5月新車販売
1415 若田部日銀副総裁会見
1600 債券市場サーベイ・5月調査(日銀)
1600 経団連会長会見

●海外予定
◇指標 01:30 豪:GDP(連邦統計局) Q1 01:45 中国:製造業PMI(財新) May 06:00 独:小売売上高(連邦統計庁) Apr 07:50 仏:製造業PMI改定値 May 07:55 独:製造業PMI改定値 May 08:00 ユーロ圏:製造業PMI改定値 May 08:30 英:製造業PMI May 09:00 ユーロ圏:失業率(統計局) Apr 11:00 米:住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会) w/e 12:15 米:全米雇用報告(ADP) May 12:55 米:週間レッドブック大規模小売店売上高 w/e 13:45 米:製造業PMI改定値(マークイット) May 14:00 米:ISM製造業景気指数(ISM) May 14:00 米建設支出(商務省) Apr 14:00 米:JOLTS(労働省) Apr ◇イベント 14:00 カナダ中銀金利発表 15:30 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が会合で開会の辞 at Monetary Policy Implementation and Digital Innovation workshop 17:00 ブラード米セントルイス地区連銀総裁が米経済と金融政策についてプレゼン 18:00 米地区連銀経済報告 ◇休場 韓国、インドネシア

応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中!

友だち追加

learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。