金先物 短期ボトム形成の時間帯

金先物は前日比117円安の7769円近辺で推移しています。

4月20日に8160円の高値を示現したあと、大陰線形成を伴って

下降波に転じています。

8160円がトップに下値模索の展開がとなり、

25日相場と昨日の夜間取引で値を大きく崩しています。

ボトムサイクルは本日で29本目となり、

平均サイクルを考慮すると、ボトム形成の時間帯にあります。

スローストキャスティクスはDラインが7.8%まで下落しており、

過熱感はここ最近で最も強い状態です。

ボトム完成の可能性が高まっていることから

ここからは4時間チャートの反転サインを見極める時間帯と考えています。

以下は金相場の参考動画です。

→ 金先物・分析動画

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。