先週の金相場の動向とまとめ


さて、先週の金相場はどんな一週間だったでしょうか。
パウエルFRB議長は月曜日に再び市場の注目を集めました。今回は、米国の株式投資家からあまり熱心でない反応を受けた公的な発言を行い、市場に衝撃を与え、それが週の残りの期間を通して響き、金価格の軌道に影響を及ぼしたことは確かでしょう。

パウエル氏の演説の最大の収穫は、中央銀行とその長官が引き続きタカ派的なシフトを続けていることです。FOMC後のQ&Aで示唆され、FRBの「ドットプロット」やその他の構成要素で概説されたことが、月曜日のパウエル氏によって明確に述べられ、FRBは米国経済における数十年に及ぶ高いインフレと戦うために「必要な措置を取る」だろうと、そのために「迅速に」動くだろうと言ったのです。パウエル議長がはっきりと発言していなければ、この表現だけで投資家はFRBがさらに積極的な姿勢になることを察知していたかもしれません:FOMCは毎会合+0.25%を超える利上げの可能性を残しています。

パウエル議長の発言により、FRBの今年の金利パスに関する市場の予測は急変しました。次回5月のFOMCで50ポイントの利上げは、「織り込み済み」となり、直後の2度目のXL引き上げへの賭けも積み重なり、それに続いて株式市場も同様に急変し、マイナスになりました。そして、株価は歴史的に予想されるような反応を示したものの、金価格は(FOMC後と同様に)再び救済ラリーの恩恵を受け、月曜日の取引では、ディップ・アンド・リバウンドを繰り返しながらも概ね上昇しました。ここでも金価格の上昇は予想外でしたが、金にとって最も伝統的な投資の役割の一つであるインフレに対するヘッジの結果である可能性が非常に高いです。世界経済のトップバンカーが、少なくとも現在はFRBが積極的かつ軽快にインフレ圧力を抑制する必要性を説き、その結果、より多くの投資家がインフレに対してストレスを感じるようになったのでしょう。その結果、金価格は月曜日に1オンスあたり10ドル以上上昇し、1935ドルを超えてピークに達しました。

米国株はFRBデータを驚くほど好意的に受け止めたが、月曜日のパウエル氏発言以降は楽観的な見方やリスク選好が少ないように思われました。ダウ、S&P、ナスダックはいずれも週初めのセッションで下落し、せっかく続いていたプラスのリターンが途絶えてしまいました。米国債の動きはもちろんより積極的で、パウエル議長がマイクを握った時点から利回りは上昇しました。米国10年債利回りは月曜日に2.3%を超え、この動きは世界の債券投資家がFRB議長の発言を受け止める火曜日まで続き、2.4%を超えてピークとなりました。

しかし、全体として、火曜日には多くのオブザーバーを驚かせるほど、楽観的でリスク志向が短期間爆発したことは確かで、投資家は特に米国株、特に2022年の大半で比較的打撃を受けていたハイテクセクターの下落を買いました。金利が上昇し、投資家が株式のポジションにさらに流れ込む中、金相場は火曜日に週次安値の1912ドル付近まで下落しました(しかし、1900ドル/オンスよりかなり上で信頼できるサポートを再び示しました)。

金相場は暗い一日を乗り越え、先週はプラスに転じました。
3月中に見られたように、良い気分は続きませんでした。水曜日には恐怖と不安が市場に戻り、そこから金価格の調子を整えて金曜日のセッションに持ち越されました。ウクライナ戦争の継続は市場(および投資家自身)にとって最大かつ最も予測不可能なリスクであり、インフレは少なくともFRBの最初の動きが定着するまでは40年ぶりの高水準であり、多くの市場参加者が(善かれ悪しかれ)景気後退の予測因子と信じている米国のイールドカーブ反転の恐怖が迫っています。このような状況を考えると、週半ばに米国株式市場が上昇を戻し、10年債利回りは安全な国債に投資する投資家が増え、金相場も水曜日に順調に上昇し、1950ドル手前の位置で引けました(木曜日の取引ではこの水準を大きく上回る上昇となりました)。

前日までの楽観的な見方と同様、水曜日の暗い雰囲気は市場全体を支配することはなかった。今週は、4日余りを通して見ると、市場は結局のところ、少しばかり分裂的であった。木曜日は、金と米国債が上昇を続ける中、米国の主要株が再び上昇し、全体的に投資家のムードはよりポジティブになったようです。

今週の経済カレンダーはもう少し具体的なマクロデータをもたらすでしょう。パウエル議長が労働市場の回復がペースよく続くことを重要視していたため、投資家は(木曜日の新規失業保険申請件数が驚くほど低かったことから)状況が引き続き緊迫しているかどうかを見極めたいと考えているはずです。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加


learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。