プラチナ市場の需給動向


投資需要が歴史的な高水準であった2020年から、2021年の総需要は減少しました。今年のバーおよびコイン需要は29%増(+97koz)の見込みで中国への輸入が需要を大幅に上回り、2021年の余剰分を吸収、プラチナ地金市場の逼迫状態が続いています。COVID関連要因と操業中断は特に2021年後半に繰り広げられ、プラチナの供給と需要の双方に大きな影響を及ぼしました。ほとんどのセクターで需要が大幅に増加したにもかか わらず、製品在庫の処理加速による生産量の急増が追い風となり、供給量は堅調で、NYMEX在庫の減少とETF需要の純減が相俟って、プラチナ は前年同期比21%の増加、総需要は9%の減少で供給過剰となりました。2022年には、これらの問題が正常化し、需要が7%増加 (520オンス増)し、供給が1%減少(61オンス減)するため、この余剰金は652オンスに減少すると予想されます。

2021年の世界経済成長率は上昇傾向となり、2022年もIMFが4.4%の成長率を予測するなど好調を維持すると見られていましたが、ロシアのウクライナ侵攻の影響は現段階では予測が難しくなっています。しかし、初期の兆候として、ロシアからのパラジウムの供給が途絶えることで、プラチナ需要が高まる可能性は十分にありそうです。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

金先物の分析はYouTubeチャンネルで動画配信しています。


▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加


learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。