金相場 先週の動向を振り返る


先週の金融市場は、主にウクライナ国境におけるロシア軍と米軍/NATO軍との緊張関係の継続をめぐるニュースに振り回される展開となりました。

先週は、地政学的リスクに市場が揺さぶられた結果、株式投資家が順風満帆でないことが主な見出しとなりましたが、金価格は、嵐雲が集まる中、純然たる勝者になりました。

投資家は月曜日、特に米国の取引時間中に、東欧の熱気が火花を散らすかどうかを見ながら、株式などの「よりリスクの高い」資産からロールアウトしようとしている投資家やマネージャーにとって、金が重要な安全資産となりました。市場を覆うリスクオフムードは、金のスポット価格に追い風となり、ニューヨークの終盤には1オンス=1870ドルで取引され、アジア時間には一時1880ドル手前の高値まで急騰しました。

火曜日は、ロシア国防省がウクライナ国境付近での「訓練」から多数の部隊を帰還させるとの報道を受け、投資家が積極的に動いたため、週明けの急変を除いて、米国株式市場にとって唯一の建設的な取引日となりました。欧州のモーニングセッションでは、この報道を受けて米国債の利回りが急上昇し、ついに米国の10年債利回りは2%を超え、米国の主要株価指数はそれぞれ1%以上上昇することになりました。地政学的圧力が一時的に和らいだことで、金のような不活性なセーフヘイブンは重しとなり、スポット市場で1オンスあたり30ドル近く下落しましたが、米国市場の時間帯には安定的にサポートされるようになりました。

最近のオンライン・ニュース・メディアは常に更新されているため、信頼できるニュースソースが報じた火曜日のニュースに、NATOやホワイトハウス(あるいはその両方)がロシアの主張に対してある種の不信感を示すタグが含まれていないものを見つけることは事実上不可能でした。しかし、火曜日の夜から水曜日のセッションにかけて、米国とロシアの緊張が急激に冷え込むという希望は打ち砕かれました。

水曜日の市場は冷ややかなものでした。ロシア軍が意味のある形で撤退することはないだろうが、その数は増えるかもしれないとのマウント報道により、米国株は全く上昇しませんでした(ただし、この日、株価は下落よりも横ばいで推移した)。ポジティブさの後退のより直接的な影響は、金と他の主要な安全資産に及びました。投資家の紛争への懸念が再燃する中、金価格は着実に上昇し、水曜日には前日の損失のほとんどを取り戻しました。この時点から金曜日まで、投資家は、地政学的リスクがもう1週間以上市場に漂う場合に備えて、再び落ち着くのに最適な安全な場所を探していたことは明らかです。

週半ばに恐怖と不確実性に陥って以来、米政府高官は事態が冷静な解決に向かうとの期待を管理することに重点を置いてきました。しかし、木曜日のセッションでは、金と米国債が市場の大幅なリスクオフから利益を得ることになりました。投資家や運用担当者は安全な場所に殺到し、米10年債利回りが2.0%を下回ると、金は週明けの水準まで急騰しました。株式市場は1日中大荒れとなり、NASDAQとS&P500指数は2%以上下落しました。

欧米列強とロシアの外交団がウクライナ国境の打開に取り組む中、金曜日には、金相場が重要な心理的レベルである1900ドル/オンスで足止めされ、金の上昇に対してようやくある程度の抵抗が見られ始めています。金相場は、アジアの金曜セッションで上昇分の売りを吸収し、1895ドル近辺まで反発しましたが、重いラインを突破する意欲は乏しいようです。このため、短期投資家だけでなく、長く保有しているポジションも、金相場が意味のある上昇を遂げることに納得がいかない場合、金は終盤に利益確定のリスクにさらされることになります。

金やその他の貴金属投資のトレーダーにとって、先週は地政学的緊張と戦争への懸念が主要な関心事でしたが、それだけではありません。水曜日には、1月のFOMCの議事録が発表され、3月の会合で始まる新たな利上げサイクルに向け、投資家の期待感と方向性が固まりました。エコノミストとFRBウォッチャーは、FRBの政策プランが米国経済における依然として高いインフレ指標にどの程度反応し得るかについて、議事録を解析して手がかりを探しました。結局、ウクライナに注目が集まっていたため、FRBからの情報収集に起因するような市場の動きはあまり見られませんでした。

しかし、FRBがどのように動くかを計算することは、今後1ヶ月間の金の評価について有用なモデルを作る上で重要です。今回の議事録では、FOMC関係者が政策方針における「柔軟性」の重要性について言及したり認めたりしており、委員会内の重要な参加者やブロックが、中央銀行の「従来の」最高速度とされる利上げ(0.25%の利上げ)よりもいくらか遠くまで行くことを望んでいることを確認しているようです。 しかし、明確なシグナルはそこで止まっています。中央銀行が最初から(おそらく3月に)より積極的な行動を取るのか、それともインフレ圧力を抑制するためにどの機能を通じてより迅速に行動するのか、すなわち+0.50%以上の利上げ、または連続した利上げ、あるいはその両方なのかはまだ分かっていません。

金取引の教科書にそのようなものがあるとすれば、FRBによるいかなる形の「非伝統的」利上げも、金の価値提案の一部を奪うような金利と利回りの強い上昇を強いるはずであることから、短期から中期的に金価格にとって明らかにマイナスであるという見解が示される可能性が最も高いと思われます。しかし、ここ数週間の報道を見ると、金価格が底堅く推移しているのは、FRBに金利上昇の道をさらに前進させるかもしれない高インフレに対する投資家の懸念が、近い将来の金利上昇による逆風を上回る金(インフレ対策としての)需要を生み出しているためであることがわかります。

FRBの次の動き、さらには米露の緊張を和らげようとする外交官たちの次の一手、あるいはつまずきが、相場の行方を占う上で重要なポイントとなるでしょう。米国では月曜日が市場休日で短縮されます。東欧から新しいニュースがなく、FRB当局から政策を推し進めるような大げさな発言もなければ、市場の「自然な力」が発揮されるかもしれません。下落した株式市場にとっては、「ディップを買い」、また、過去48時間に急騰した金などの資産にとっては、短期的には利益確定の圧力がかかることになるかもしれません。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

金先物の分析はYouTubeチャンネルで動画配信しています。

YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします。
>> YouTubeチャンネル「すーぱーぶるちゃんねる」


▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加


learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。