ゴム先物 今週の 投資方針と基本戦略

<月足分析>
実線は3月の相場で138.3円の安値を示現。その後、上昇波を形成し8月の相場で205.5円まで上昇した。
上値は200本EMAが抵抗として機能するカタチとなり、9月の相場は陰線を形成。
タイムサイクル分析は、ボトムサイクルが7本目(平均17本)、トップサイクルが20本目(26本)となり、トップサイクルは6本程度日柄が浅い。
目先は5本EMAや10本EMAを維持するようならば、もう一度200本EMAを試す展開も想定される。

<週足分析>
実線は5本EMAをサポートに上昇波を形成しており、再び200本EMAを回復している。
タイムサイクル分析は、ボトムサイクルが4本目(平均24本)、トップサイクルが6本目(平均27本)となり、いずれも日柄が浅いことから上下どちらにも動く展開も想定。
目先は抵抗線となる5本EMAが節目として注目。

<日足分析>
実線は9月14日に175.1円のボトムを示現し、25日EMAをサポートに上昇波を継続。
タイムサイクル分析は、ボトムサイクルが14本目(平均37本)、トップサイクルが24本目(平均32本)を形成しており、トップ形成まで8本程度の日柄が残っている。
目先は9月28日の高値を試す展開を想定しており、上抜けた後の反転サインが戻り売りのポイントになると思料。
まずはどこまで上昇できるか注目されるが上値ターゲットとしては8月31日トップから形成した下降波の61.8%戻しポイント(194.0円近辺)が視野に入ってくる。

基本戦略:戻り売りスタンス

エントリーポイントや分析方法に興味のある方は気軽にご連絡ください。
個別相談

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。