FOMC議事要旨のポイント


今回のFOMC議事要旨のポイントは、
経済や労働市場、インフレについての個々の見通しに基づきフェデラルファンド(FF)金利を参加者の従来想定より早期に、あるいは迅速に引き上げることが正当化される可能性があること。
FF金利引き上げ開始後の比較的早い時期に、連邦準備制度のバランスシートの規模を縮小し始めることが適切になり得ると、一部の参加者が留意したこと。

相場には「金融相場」「業績相場」「逆金融相場」「逆業績相場」の4サイクルがあります。

今後、金融緩和相場から業績相場へシフトすることが考えられます。
割高だった株価指標も企業業績の回復によって割高感が薄れるため、業績相場の中ではバリュエーションよりも企業業績が重要になりそうです。

日本においては、2016年9月に始まった「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」が長期にわたって継続するなら、景気が十分に回復した後も景気刺激策を講じ続けることで雇用や設備投資を力強く促していく高圧経済にも注目。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

金先物の分析は動画で配信していますのでご参考になれば幸いです。

YouTubeチャンネルを毎日配信中です。
>> YouTubeチャンネル「すーぱーぶるちゃんねる」


▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加


learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。