大きく変動した金相場

金相場

金価格は、衝撃的な高さの消費者物価指数を受けて、投資家が予想されるインフレに対してゴールドやその他の安全資産に殺到したため、非常に高いプレミアムをつけて週を終えています。

目を見張るようなインフレ率(前年同期比6.2%増)が30年ぶりの高水準を記録したことで、金価格は一気に上昇し、過去数週間のイエローメタルの最高値を超えて、5ヶ月ぶりの高値を記録しました。

金に追い風となったのは、投資家の意欲がインフレ・ヘッジに向けて本格的に動き出したという積極的な変化である。最近、金価格に強い影響力を持っていた米ドルと米国債の2つの資産が、一般的には金にとって弱気になるような動きをしたにもかかわらず、金は今年に入って最も急上昇したという事実が、この見方を補強しています。

当初は、この上昇があまりにも不安定で、感情に流されたものであり、持続可能なものではないと思われていましたが、水曜日の米国セッションでは、取引可能な高値である1862ドル/オンス付近から下落しました。しかし、海外市場が米国のインフレ・ショックとその影響を消化する機会を得ると、金は再び安定した上昇を見せ、金曜日の取引を終えるまでに週単位で大幅な上昇を見せています。金曜日の早朝に米国債利回りが一時的に上昇しても(木曜日に米国債市場が閉まっていたため、リバランスが行われたこともある)、金の上昇を抑制させることができました。

今週、ドル、金、国債の投資家が積極的な反応を示したにもかかわらず、10月のインフレ率の急上昇が来年の利上げスケジュールを前倒しする圧力になると言うのは非常に時期尚早だと思われます。しかし、金の取引価格を評価したり予測したりする上で、今後数週間から数ヶ月間にわたって監視することが重要となります。しかし、このインフレ傾向が持続したり、強まったりすると、FRBの早期行動を促すことになり、それが金の上昇を大きく制限することになると考えられます。

来週のマクロ経済は、小売売上高が最大のイベントになります。しかし、今週のインフレ・サプライズがFOMC当局者の見通しをどのように変えるかについてコメントせざるを得ないでしょう。

YouTubeチャンネルを毎日配信中です。
>> YouTubeチャンネル「すーぱーぶるちゃんねる」


▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加


learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。