金先物 今週の注目ポイント

月足チャート
実線は8月高値7032円をトップに大陰線を形成。
RSIが80%以上で指数密集圏を形成する中、MACDオシレータがプラス圏で
収縮傾向に変化し始めています。
ボトムサイクル分析は今月で9本目で平均ボトムサイクルは30本を考慮すると
下降波形成の時間帯に絡んでいます。
今週は5週EMA(6314円)が節目として注目されます。

週足チャート
実線は先週の相場で一時6269円まで下落。下値は25週EMAがサポート役として
意識されました。実線の下落により、5週EMAや10週EMAはデッドクロスを形成。
オシレータ系指標では、MACDラインがプラス圏でデッドクロスを形成し、
RSIは20%以下で推移しています。
ボトムサイクル分析は29本目を形成し、平均ボトムサイクルが36本であること
を考慮すると、ボトムを示現するまでの日柄はまだ浅いと考えられます。
※トップサイクル:9本目、平均トップサイクル:28本。
今週は25週EMA(6260円)が節目として意識されます。

日足チャート
実線は9月25日に6269円の安値を付けた後、押し目買いが活発となり、前日の
下落に往って来いの展開となりました。金曜日の夜間立会では一時6293円まで
下落する場面もあったものの、押し目で買い拾う展開となり、下ヒゲを形成。
ただ日柄がまだ浅いことを考慮すると、上値では戻り売りも想定されそうです。
今週は75日EMAや10日EMAが抵抗として機能するか注目されます。

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。