金先物 4時間足で10本EMAに注目

金先物は前日比52円高の6342円で引けました。

実線は6269円の安値から上昇しましたが、4時間足で10本EMAが抵抗として機能したカタチです。

RSIが買われ過ぎ圏に到達していることから、この水準で小レンジを形成する可能性もありそうです。

10本EMAを上抜けると25本EMA・45本EMA・75本EMAを試す展開になりそうですが、現状は戻りうる売りスタンスで考えています。

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。