日経225 トップ形成の時間帯 ピンバーに注目


日経225は30294円近辺で推移しています。

実線は先週末の相場で一時30535円まで上昇しましたが、その後は戻り売りが活発となり、長い上ヒゲ陽線を形成しました。

週足13日は買いが入るものの、先週末の高値を上抜けるほどの力はなく、上昇する場面では売りも出ている模様です。

現状、3月18日高値や4月6日高値の水準が抵抗帯として機能するカタチとなり、先週末の長い上ヒゲは反転のピンバーを形成するカタチです。

トップサイクルは今日で22本目となり、平均サイクルが22本であることから、トップ形成の時間田に絡んでいます。
今日の相場で陰転または5日EMAを下抜ける動きとなれば、上値達成感から下降波を形成する展開になりやすいため、目先の動向には要注目です。


<セミナー情報>
2021年09月23日 (木・祝日)
FX初心者でもわかる実践型トレード構築セミナー


Facebookコミュニティ【 為替取引(FX)交流会|LCT

▼YouTubeチャンネルで毎営業日配信しています。
https://www.youtube.com/c/LearnCycleTradingチャンネル
毎日、金(ゴールド)と注目のFX通貨ペアや日経225、NYダウについての見通しと戦略を配信します。


LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。