6月2日取引の金融マーケットサマリーをチェック!

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。
Learn Cycle Trading TV

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

6月2日取引のマーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経225 28793 → 28925
NYダウ 34643 → 34675
DAX 15566 → 15587
FTSE100 7079 → 7128

日経VI 20.48 → 20.34
S&P500 4202.04 → 4208.12
VIX指数 17.90 → 14.48
上海総合 3624.71 → 3597.14

米3年債利回り 0.303 → 0.303
米10年債利回り 1.615 → 1.593

ドルインデックス 89.917 → 89.899

くりっく365
ドル円 109.500 → 109.540
ユーロドル 1.2218 → 1.2209
ユーロ円 133.725 → 133.800
ポンド円 154.90 → 155.27
豪ドル円 84.860 → 84.920

NY金 1905.00 → 1909.90
NY白金 1199.70 → 1192.70
NY原油 67.72 → 68.83
NY銅 4.6535 → 4.5915

ダウ工業株30種平均は前日比25ドル07セント(0.1%)高の3万4600ドル38セントで終えた。米経済活動の正常化への期待が強く、消費関連や石油株が買われた。ただ、ダウ平均は5月上旬に付けた過去最高値に接近し、高値警戒感から売りも出やすく上値は重かった。

米ドル円は反発。ロンドンタイムにドル買いが優勢となり、一時109.90円近辺と、110円をうかがう動きも見せていた。しかし、110円台には慎重になっている様子もある中で、NY時間に入ると今度はドル売りが優勢となったことで伸び悩んだ。

NY金は反発。米長期金利の指標となる10年物国債利回りが1.60%を割り込み、1.59%近辺に低下する中で、金利を生まない金は買われやすかった。

NY原油は続伸。コロナ禍を経て主要国経済が正常化に向かっており、石油需要がさらに回復する見通しであることが相場を押し上げた。


応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。