9月25日取引のマーケットサマリー

9月25日取引の金融マーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経225 23133 → 23280
NYダウ 26883 → 27229
DAX 12584 → 12567
FTSE100 5842 → 5888

日経VI 24.38 → 24.03
S&P500 3246.59 → 3298.46
VIX指数 28.51 → 26.38
上海総合 3223.18 → 3219.42

米3ヵ月債利回り 0.159 → 0.151
米10年債利回り 0.664 → 0.656

ドルインデックス 94.33 → 94.580

くりっく365
ドル円 105.445 → 105.615
ユーロドル 1.1673 → 1.1636
ユーロ円 123.010 → 122.800
ポンド円 134.37 → 134.58

NY金  1876.9 → 1866.3
NY白金 838.0 → 842.0
NY原油 40.31 → 40.25
NY銅 2.968 → 2.971

NYダウは前日比358ドル52セント(1.3%)高の2万7173ドル96セントで終えた。主力ハイテク株の上昇が市場心理の支えとなった。アップルは4%高、マイクロソフトと顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムは2%高となった。

米ドル円は続伸。米8月耐久財受注速報値は予想を下回ったものの国内総生産(GDP)の算出の用いられるコア資本財出荷や設備投資の先行指標となるコア資本財受注が予想を上回ったほか、ムニューシン財務長官とペロシ下院議長が追加パンデミック経済救済策を巡る交渉の再開で合意したとの報道で、早期成立への期待が再燃した。一時105.710円まで上昇した。

NY金は反落。新型コロナウイルス感染者数の増加や、米国経済支援に向けた景気刺激策実施をめぐる不透明感から、ドルに逃避したことが響き、上値の重い展開が続いた。

NY原油は反落。新型コロナウイルス感染再拡大などを背景にエネルギー需要減速懸念が重しとなった。また、ユーロ安に振れたことから、ポジション調整的な売りも増えた模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。