最新金融マーケット・経済イベントをチェック!(8月5日)

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。
Learn Cycle Trading TV

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

8月4日取引のマーケットサマリー(終値)

コモディティ
NY金 1806.90
NY白金 924.90
NY原油 88.54
NY銅 3.4815

くりっく株365
日経225 27880
NYダウ 32728
DAX 13629
FTSE100 7432

くりっく365
米ドル円 132.975
ユーロドル 1.0246
ユーロ円 136.215
ポンド円 161.69
豪ドル円 92.655

ドルインデックス 105.752

日経VI 19.25
S&P500 4151.94
VIX指数 21.44
上海総合 3189.04
米2年債利回り 3.0488
米10年債利回り 2.694

ダウ工業株30種平均は下落。英中銀金融政策委員会(MPC)を受けて市場はリセッション(景気後退)への懸念を強めた。ただ、明日の米雇用統計の発表を控えて様子見気分が強く、小幅な動きに留まった。米株式市場の関心はインフレや、それに伴うFRBの積極利上げから、景気後退にシフトしている模様。

ダウ平均   32726.82(-85.68 -0.26%)
S&P500    4151.94(-3.23 -0.08%)
ナスダック   12720.58(+52.42 +0.41%)

米ドル円は上昇。米国債利回りをにらんだ動きが見られ、利回りの下げと伴にドル円も売りが強まった。米国債利回りについては、この日の英中銀金融政策委員会(MPC)に反応した模様。英中銀はマイナス成長が5四半期連続で続き、その間のGDPは2.2%低下するとの見通しを示した。英中銀の言及で市場は改めてリセッション(景気後退)への意識を強めた模様。

NY金は上昇。米中対立への警戒感や対ユーロでのドル下落に伴う割安感などを背景に反発した。米長期金利の低下を眺めてドルが対ユーロで下落。ドル建てで取引される金の割高感が和らいだため買いが後押しされた。

NY原油は下落。主要国の景気見通しが悪化しているなかで需要下振れ懸念が強まり売り優勢となった。金融引き締めを継続することを示唆した英中銀は今年10-12月期から景気後退に入ることを想定しており、ソフトランディングは困難であるとの認識を示した。米国では新規失業保険申請件数や失業保険継続受給者数が増加し、米雇用統計の発表を控えて雇用環境の悪化が警戒されている。


5日の国内・海外経済指標と行事予定
●国内経済・指標関係
閣議、閣議後会見
0830 6月家計調査(総務省)
0830 6月毎月勤労統計(厚生労働省)
1020 国庫短期証券の入札発行
1020 国庫短期証券の発行予定額等(8月12日入札予定)
1230 国庫短期証券の入札結果
1300 交付税及び譲与税配付金特別会計の一時借入金の入札結果
1400 6月景気動向指数速報(内閣府)
1400 消費活動指数(日銀)
1530 GPIF第1四半期運用状況
 決算:スズキ、シャープ、丸紅、伊藤忠、三菱重

●海外予定
◇指標 06:00 独:鉱工業生産(経済技術省) Jun 06:45 仏:鉱工業生産(INSEE) Jun 06:45 仏:貿易収支(税関) Jun 12:30 米:雇用統計(労働省) Jul 19:00 米:消費者信用残高(FRB) Jun ◇イベント 01:30 豪中銀の金融政策に関する四半期報告 04:30 インド:中銀金利発表 12:00 バーキン米リッチモンド地区連銀総裁が講演 ロシア・トルコ首脳会談(ソチ) ブリンケン米国務長官がフィリピン訪問(6日まで)

応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中!

友だち追加

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。