金先物 76.4%戻し達成

金先物は前日比105円高の7559円で引けました。

実線は3/9高値7672円と3/16安値7226円の値幅の76.4%戻し水準まで上昇しました。

ここまでは想定していた水準ですが、ここから反転下落するのか、それとも続伸するのかというのが目先の焦点になりますね。

状況は変化がないので、これから始まる夜間取引の動きを確認する必要があります。

日足の日柄が浅いことで上昇余地は十分ある状態なので、安易な売りは禁物でしょう。

↓こちらの金相場の動画分析もご参考になれば幸いです。
分析動画

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。