金相場 週末の下落でチャートは崩れたか!?


市場の環境は、金のファンダメンタルズにとってはまだポジティブなものと言えるかもしれませんが、先週は米ドルが一方的に急騰するようなニュースやデータを受けて、2つの強い動きがあり、結果的にスポット価格は押し下げられました。

先週の金相場は、軽いマクロ経済指標を背景に、米ドルを急騰させるようなヘッドラインが出て、金相場の弱気を誘うような展開となりました。

最初にスポット価格が下落したのは、火曜日の夜、10月の米小売売上高が発表された時でした。
10月の米小売売上高は、前年同月比のインフレ率が30年ぶりの高水準に達したにもかかわらず、米国の消費者は支出を続け、実際、米国の小売支出は今年3月以来の急速な伸びを示しました。

多くのエコノミストやアナリストは、頑固なインフレの影響がまだ続くのではないかと懸念していますが、火曜日のマーケットの反応は米ドルにとってポジティブなものが多く見られました。
米ドルはほとんどの主要貿易相手国に対して大幅に上昇し、財務省の利回りも大幅に上昇し、米国の株式市場もこのセッションでは小幅な上昇にとどまりました。
また、米国株式市場は小幅な上昇にとどまりました。小幅な上昇は、ドル高にもかかわらず、同日に発表された大手小売企業の好業績の影響を受けたものと思われます。

火曜日の下落に続いてソブリン債価格も上昇し、金曜日にはベンチマークである米10年債利回りが1.6%を割り込んだことで、週末に向けて金のチャートが再び堅調な展開になることの期待感がマーケットでは高まりました。
しかし、金曜日のヘッドラインは、状況を別の方向に変えました。

NY金は1860ドルを少し下回りましたが、リチャード・クラリダ米連邦準備制度理事会(FRB)副議長がマイクを握るまでは安定していました。
クラリダ副議長は、サンフランシスコ連銀とのバーチャルイベントに参加し、コメントや質問に答えながら、最近のマクロ経済データ、つまり先週のCPIインフレ率の驚くべき上昇により、FOMCは開始したばかりのテーパリングを早ければ12月中にも議論することになるかもしれないと述べました。

FOMCメンバーは一般的に多くの公式コメントを間接的に行いますが、それはまさに、FRBの政策パスを常に解明しようとしている市場に自分たちの言葉が与える影響を意識しているからです。
クラリダ氏の今回のコメントは、全体的に非コミット的ではあるものの、テーパリングを加速させる可能性を示す明確なシグナルであり、2022年にも利上げが早まる可能性を示唆しています。
クラリダ氏の発言を受けて、金相場のチャートが一転したのは当然のことです。

このニュースを受けて財務省の利回りは少し上昇しましたが、金価格に対抗して最も強く動いたのは再び米ドルで、ドルインデックスは再び急上昇しました。
NY金は最終的に1845ドルのすぐ下でサポートされ、その後は少しずつ上昇していきました。しかし、週末は市場が休場となり、すぐには取引が再開されないため、実際にはその可能性はかなり低くなります。

今週の経済指標は、米国では木曜日に感謝祭の祝日がありますが、少ない日数で多くの取引が行われる可能性があります。
11月4日は10月のインフレ率を示すFRBのPCEレポートや10月のFOMC議事録などが発表されます。
また、バイデン氏がFRB議長をパウエル氏にするかどうかの決定を連休前に発表するとの報道もあります。仮にブレイナード理事が就任した場合は、マーケットでは米ドルが下落するとみられています。
月曜の朝には、少なくともその発表の時期が明確になり、ポジションを取りやすくなることを期待しています。

最新のGOLD分析動画
https://youtu.be/n7839DgGxso


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

YouTubeチャンネルを毎日配信中です。
>> YouTubeチャンネル「すーぱーぶるちゃんねる」


▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加


learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。