白金先物 反動高を見極める

実線は反動高を演じるカタチとなり、5日EMAを上抜け、200日EMAを試す展開となっています。

目先は9月25日の安値2816円がボトムになった可能性が高く、今週は上昇波を形成する展開が想定されます。

上値は一目均衡表の雲や前回のボトム(3050円)、フィボナッチの50%戻しライン(3057円)ががターゲットとして注目しています。

ただ、4時間足で考察すると、45本EMAが上値を支えられており、3015円を示現したあと、上ヒゲ陰線を形成しています。
RSIが93%まで上昇していることを考慮すると、短期的に買われ過ぎ感が出ていると考えます。
仮に5本EMAを下抜ける展開となれば、上述のターゲットまで上昇できずに値を崩す展開も想定しています。

エントリーポイントに興味のある方は気軽にご連絡ください。
個別相談

Muraishi (Profile)
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。