FXトレード 9月20日の注目ポイント(4時間分析)


米ドル円
4時間足で考察すると、実線はボリンジャーバンド2σ上限にほぼ到達したことやRSIが買われ過ぎ圏から下落傾向にあることで短期的には上値達成感から売りが出やすい状況と言えます。
4H終値ベースの10本EMAを下抜ける場合は下落リスクが高まりそうです。

・IMMポジション状況:日本円
Long(買い) : 21,728
Short(売り): 82,023
投機玉ネット : -60,295
前週比 : +2,030

ユーロ円
4時間足で考察すると、実線は先週末の相場で大きく値を崩しており、その流れが引き継がれそうです。
9月15日に4Hのトップを形成していることから、次はボトムを形成する時間帯に入っていくため、下値模索の展開が想定されます。
10本EMAを抵抗に上値を押さえられている間は、ボリンジャーバンド2σ下限や直近安値(9/16)を試す可能性が高まります。

・IMMポジション状況:ユーロ
Long(買い) : 186,554
Short(売り): 158,749
投機玉ネット : 27,805
前週比 : +1,497

ポンド円
4時間足で考察すると、実線は先週末の相場で大きく値を崩しており、その流れを引き継ぐ展開が想定されます。
9月15日に4Hのトップを形成していることから、次はボトムを形成する時間帯に入っていくため、下値模索の展開が想定されます。
反動高も想定されますが、25本EMAが抵抗として意識されそうです。

・IMMポジション状況:英ポンド
Long(買い) : 44,161
Short(売り): 39,371
投機玉ネット : +4,790
前週比 : +29,314

豪ドル円
4時間足で考察すると、実線は先週末の相場で大きく値を崩しており、その流れを引き継ぐ展開が想定されます。
9月14日に4Hのトップを形成していることから、次はボトムを形成する時間帯に入っていくため、下値模索の展開が想定されます。
上値は25本EMAが抵抗として機能していることや各移動平均線が下向きに推移していることから上値は重く、目先は直近安値79.74円を試す展開が想定されます。

・IMMポジション状況:豪ドル
Long(買い) : 13,116
Short(売り): 96,499
投機玉ネット : -83,383
前週比 : -12,895

最新分析動画
【FXの見通しと戦略】米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円の独自分析! 9月17日配信

▼LearnCycleTrading公式LINE▼
(LINE ID検索 @923rdtqh)
公式LINEのお友だち追加で、LINE限定レポート「トレードテクニックの構築」をプレゼント中! また、LINEお友だち限定YouTube動画も配信する予定です。

友だち追加

▼YouTubeチャンネルで独自分析を配信中!
https://www.youtube.com/c/LearnCycleTradingチャンネル
金先物・白金先物とFX4通貨ペアについての見通しと戦略を配信しています。いつトップ・ボトムを付けるかどこまで上昇・下落するか判断できるとトレードはもっと楽しくなります。



<セミナー情報>
2021年09月23日 (木・祝日)
FX初心者でもわかる実践型トレード構築セミナー

learncycletrading
Author: learncycletrading
商品先物・FX・株価指数で独自テクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いて相場分析を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。