6月4日取引の金融マーケットサマリーをチェック!

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。
Learn Cycle Trading TV

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

6月4日取引のマーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経225 29018 → 29149
NYダウ 34658 → 34812
DAX 15631 → 15698
FTSE100 7074 → 7097

日経VI 20.20 → 20.78
S&P500 4192.85 → 4229.89
VIX指数 18.04 → 16.42
上海総合 3584.21 → 3591.84

米3年債利回り 0.324 → 0.303
米10年債利回り 1.625 → 1.557

ドルインデックス 90.501 → 90.139

くりっく365
ドル円 110.300 → 109.510
ユーロドル 1.2130 → 1.12165
ユーロ円 133.770 → 133.305
ポンド円 155.64 → 155.10
豪ドル円 84.520 → 84.780

NY金 1873.30 → 1895.00
NY白金 1162.50 → 1164.60
NY原油 68.81 → 69.62
NY銅 4.4630 → 4.5290

ダウ工業株30種平均は前日比179ドル35セント(0.5%)高の3万4756ドル39セントで終えた。4日発表の5月の米雇用統計で雇用者数の増加ペースが加速したが、市場予想は下回った。米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を急ぐほどではないとみなされ、米長期金利が低下。金利低下で相対的な割高感が薄れたハイテクなど高PER(株価収益率)株が買われた。

米ドル円は反落。この日発表された米英雇用統計を受けて、FRBの長期にわたる大規模緩和維持が正当化されるとの見方に米国債利回りが低下。ドル売りが優勢となった。

NY金は反発。5月の米雇用統計は、非農業部門就業者数の伸びが市場予想を下回り、長期金利の指標となる10年物米国債利回りが大幅に低下。金塊の投資妙味が高まった。また、対ユーロでのドルの下落も金相場への追い風となった。ただ買い一巡後は、1900ドルの節目を手前にもみ合う展開となり、利益確定の売りも見られ、終盤にかけてはやや上げ幅を縮めた。

NY原油は反発。対ユーロでドルが下落したことや欧米で新型コロナウィルスのワクチン接種が進んでいることによるエネルギー需要拡大の思惑から買われた。


応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。