6月1日取引の金融マーケットサマリーをチェック!

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。
Learn Cycle Trading TV

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

6月1日取引のマーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経225 29975 → 26793
NYダウ 34525 → 34643
DAX 15428 → 15566
FTSE100 7018 → 7079

日経VI 20.00 → 20.48
S&P500 4204.11 → 4202.04
VIX指数 16.76 → 17.90
上海総合 3615.48 → 3624.71

米3年債利回り 0.293 → 0.303
米10年債利回り 1.581 → 1.615

ドルインデックス 89.851 → 89.917

くりっく365
ドル円 109.535 → 109.500
ユーロドル 1.2225 → 1.2218
ユーロ円 133.930 → 133.725
ポンド円 155.63 → 154.90
豪ドル円 84.670 → 84.860

NY金 1905.30 → 1905.00
NY白金 1182.40 → 1199.70
NY原油 66.32 → 67.72
NY銅 4.6775 → 4.6535

ダウ工業株30種平均は前営業日の5月28日に比べ45ドル86セント(0.1%)高の3万4575ドル31セントで終えた。新型コロナワクチンの普及が進む中、旅行・レジャーを中心に経済活動の再開を後押しするとの見方が強まり、景気敏感株を中心に買いが優勢となった。

米ドル円は続落。ISM指数は予想を上回り、サプライチェーン問題が引き続き米製造業の需給ひっ迫を示したものの、その中の雇用指数が11月以来の水準に低下したことが戻りを誘った。

NY金は反落。堅調な米経済指標や金利上昇が重しとなり、小反落した。米サプライ管理協会(ISM)が発表した5月の製造業購買担当者景況指数(PMI)は61.2となり、予想を上回ったことで米長期金利が上昇し金利を生まない金には売りが出た。これにより、4時間足ベースで10本EMAを下抜けてきた。

NY原油は続伸。米国や欧州などが新型コロナウイルスの流行を乗り越え、石油需要が回復していく見通しであることが相場を押し上げた。石油輸出国機構(OPEC)プラスは閣僚会合を実施し、4月に決定した日量210万バレルの段階的な減産縮小を継続することを確認。


応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。