商品相場 前場を終えて 11月18日

エントリーポイントや分析方法に興味のある方は気軽にご連絡ください。
個別相談

参考になりましたらclick応援をよろしくお願いします。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<金先物>
金先物は前日比53円安の6295円近辺で推移しています。
実線は10日EMAが抵抗となり、売り優勢の展開に陰線を形成しており、昨日の安値を下抜けてきました。
オシレータ系指標は、MACDがマイナス圏で下落傾向にあり、ヒストグラムもマイナス圏で拡大傾向にあることから下値模索の展開を暗示しています。
RSIは50%以下で推移しており、RSI移動平均線とデッドクロスを形成していることでこちらも下値模索の展開を暗示しています。
ボトムサイクルは今日で13本目を形成していることで引き続き下降波を形成する可能性があると考えています。
Youtube動画も参考にしていただけましたら幸いです。

<白金先物>
白金先物は前日比2円安の3079円近辺で推移しています。
実線は一時3124円まで上昇する場面もありましたが、その後は戻り売りが優勢となり、チャネルラインのブレイクは一時的となっています。
オシレータ系指標は、MACDがプラス圏で拡大傾向にあることやヒストグラムもプラス圏で拡大傾向にあることから上値を試す展開を暗示しています。
RSIはプラス圏で横ばい推移となり、RSI移動平均線も50%近辺に上昇していることで上値を試す展開を暗示しています。
トップサイクルは今日で17本目となり、日柄が浅いことから引き続き上値を試す可能性が高まっていると考えます。
ただ、今日のローソク足が上ヒゲを形成してチャネルラインを上抜けない場合は一旦押し目を形成する可能性もありそうです。
現状は押し目買いの戦略が有効に機能する可能性があると考えています。
Youtube動画も参考にしていただけましたら幸いです。

<原油先物>
原油先物は480円安の28490円近辺で推移しています。
実線は売り優勢の展開に陰線を形成していますが、下値は10日EMAがサポート役として機能しています。
オシレータ系指標は、MACDがプラス圏で上昇傾向にあるものの、ヒストグラムがプラス圏で収縮傾向に変化していることから目先の下落リスクが高まってきました。
RSIは56%近辺で推移しており、レンジ相場形成を暗示するカタチですが、下落リスクは高まりつつあると判断できます。
トップサイクルは、カウントを見直しました。11月12日で24本のサイクルを完成したと判断しています。そのため、トップを形成から下降波形成の時間帯に入ったと考えています。※次回の動画で見直したサイクルをお伝えします。
目先は10日EMAを下抜けると更に下落リスクが高まると考えています。

<ゴム先物>
ゴム先物は前日比4.8円安の225.4円近辺で推移しています。
実線は売り優勢の展開に10日EMAを下抜けてきました。ただ、下値は25日EMAがサポート役として機能しているカタチです。
オシレータ系指標は、MACDがプラス圏で下落傾向に変化し、ヒストグラムはマイナス圏で拡大傾向に変化していることで目先の下値模索の展開を暗示しています。
RSIは30%近辺で推移していることから下値模索の展開を暗示しています。
トップサイクルは今日で14本目となり、日柄がまだ浅いことから押し目は引き続き川レス可能性がありますが、目先は25日EMAを維持できるか注目されます。
戦略としては4時間足のMACDで反転のサインを確認して買い戦略が有効に機能する可能性が高いと考えています。

定期的にメルマガを配信しています。
無料ですのでご興味がありましたらぜひ登録ください。
金融デリバティブ情報マガジン”VICTORY”

LCT
Author: LCT
金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(サイクル分析、フィボナッチ分析、プライスアクションなど)・資産管理手法を用いた投資手法で相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。