3月31日取引の金融マーケットサマリーをチェック!

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。。
Learn Cycle Trading TV

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

3月31日取引のマーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経225 29448 → 29401
NYダウ 33110 → 33052
DAX 14966 → 15032
FTSE100 6765 → 6765

日経VI 21.16 → 21.04
S&P500 3958.55 → 3972.89
VIX指数 19.61 → 19.40
上海総合 3456.68 → 3441.91

米3年債利回り 0.327 → 0.338
米10年債利回り 1.719 → 1.732

ドルインデックス 92.932 → 93.275

くりっく365
ドル円 110.360 → 110.720
ユーロドル 1.1720 → 1.1722
ユーロ円 129.330 → 129.885
ポンド円 151.60 → 152.58
豪ドル円 83.810 → 84.070

NY金 1686.00 → 1715.60
NY白金 1160.60 → 1191.50
NY原油 60.55 → 59.16
NY銅 3.9785 → 3.9952

ダウ工業株30種平均は前日比85ドル41セント(0.3%)安の3万2981ドル55セントで終えた。米国の景気回復期待で上昇していた景気敏感株の一部に短期的な過熱感を警戒した利益確定売りも観測されたが、米長期金利の上昇一服を受けて主力ハイテク株には押し目買いが入った。

米ドル円は続伸。東京タイムでは、月期末、年度末ということもあり実需のドル売りが観測された。NY時間に入るとドル円も戻り売りが優勢となり、日本時間0時のロンドンフィキシングにかけストップを巻き込んで110.40円付近まで下落する場面もみられたが、その後はドルの買い戻しが次第に活発となった。

NY金は反発。米長期金利やドルの上昇一服を手掛かりに月末、四半期末に絡む持ち高調整を目的とした取引などで反発した。

NY原油は続落。石油輸出国機構(OPEC)プラスの閣僚会合を1日に控えて売りが優勢となった。


応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。