10月29日取引のマーケットサマリー

エントリーポイントや分析方法に興味のある方は気軽にご連絡ください。
個別相談

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

10月29日取引のマーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経225 23069 → 23303
NYダウ 26513 → 26672
DAX 11499 → 11659
FTSE100 5551 → 5627

日経VI 24.20 → 26.82
S&P500 3271.03 → 3310.11
VIX指数 40.28 → 37.59
上海総合 3269.24 → 3272.73

米3ヵ月債利回り 0.183 → 0.196
米10年債利回り 0.779 → 0.835

ドルインデックス 93.480 → 93.955

くりっく365
ドル円 104.350 → 104.605
ユーロドル 1.1750 → 1.1673
ユーロ円 122.550 → 122.105
ポンド円 135.42 → 135.26

NY金  1879.20 → 1868.00
NY白金 875.00 → 489.50
NY原油 37.39 → 36.17
NY銅 3.064 → 3.056

NYダウは前日比139ドル16セント(0.5%)高の2万6659ドル11セントで終えた。引け後に決算発表を控えるスマートフォンのアップルなど主力ハイテク株の業績期待から買われたことや市場予想を上回る米経済指標の発表が相次ぎ、景気敏感株の買いも誘った。

米ドル円は続落。欧米の新型コロナウイルス感染者数の急増で規制強化による世界経済の悪化懸念にリスク回避の円買いが優勢となった。

NY金は続落。外国為替市場でドルが対ユーロで上伸し、ドル建てで取引される金は割高感から売られた。ただ、米大統領選をめぐる不透明感や欧米での新型コロナウイルス感染拡大を背景とした景気後退への懸念がくすぶる中、安全資産とされる金の需要もあり、下値は限られた。

NY原油は続落。引き続き、欧州を中心として新型コロナウイルスの再流行が顕著となっており、フランスやドイツで全土での都市封鎖が再び行われる方向にあることから、石油需要の減少懸念で売られた。

米週間石油在庫統計(バレル・前週比)
原油 +432万(4億9243万)
ガソリン -89.2万(2億2702万)
留出油  -449.1万(1億6072万)

重要な指標発表

未定 JPY(日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
前回 -0.10% 予想 ―

未定 JPY(日) 日銀展望レポート

15:30 JPY(日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

17:55 DEM(独) 10月 失業者数 [前月比]
前回 -0.80万人 予想 -0.50万人

17:55 DEM(独) 10月 失業率
前回 6.3% 予想 6.3%

19:00 EUR(欧) 10月 経済信頼感
前回 91.1 予想 89.6

19:00 EUR(欧) 10月 消費者信頼感(確定値)
前回 -15.5 予想 ―

21:30 USD(米) 7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]
前回 -31.4% 予想 31.8%

21:30 USD(米) 7-9月期 四半期GDP個人消費・速報値 [前期比年率]
前回 -33.2% 予想 38.5%

21:30 USD(米) 7-9月期 四半期コアPCE・速報値 [前期比年率]
前回 -0.8% 予想 4.0%

21:30 USD(米) 前週分 新規失業保険申請件数
前回 78.7万件 予想 78.3万件

21:30 USD(米) 前週分 失業保険継続受給者数
前回 837.3万人 予想 770.0万人

21:45 EUR(欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利
前回 0.00% 予想 0.00%

22:00 DEM(独) 10月 消費者物価指数(CPI、速報値) [前月比]
前回 -0.2% 予想 0.0%

22:00 DEM(独) 10月 消費者物価指数(CPI、速報値) [前年同月比]
前回 -0.2% 予想 -0.3%

22:30 EUR(欧) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

23:00 USD(米) 9月 住宅販売保留指数 [前月比]
前回 8.8% 予想 3.0%

23:00 USD(米) 9月 住宅販売保留指数 [前年同月比]
前回 20.5% 予想 ―

……・PR・……
・ TFXプラザで学ぶ会場セミナー「はじめての株価指数取引」 詳細はこちら
  一番近い開催日:2020年11月13日(金) 14:30 – 16:00

・ 少人数制会場セミナー
  日時にご都合が合わない方は当社ビルでご希望の日時で開催 詳細はこちら

・ 個別相談型WEBセミナー
  テレビ会議システムを使ってインターネット上で開催 詳細はこちら

・ 為替取引(FX)・株価指数取引 資料請求はこちら
  ※投資書籍プレゼント中


……・PR・……

金融商品取引業者にて投資アドバイザーとして従事。独自のテクニカル分析(タイムサイクル分析)・資産管理手法を用いた投資手法でお客様とともに相場に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。