2月17日取引の金融マーケットサマリーをチェック!

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。。
Learn Cycle Trading TV

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

2月17日取引のマーケットサマリー(前日終値 → 終値)

くりっく株365

日経 30458 → 30384
NYダウ 31560 → 31658
DAX 14060 → 13951
FTSE100 6739 → 6754

日経VI 24.11 → 23.63
S&P500 3932.59 → 3931.33
VIX指数 21.46 → 21.50
上海総合 3655.09 → 3655.09

米3年債利回り 0.224 → 0.209
米10年債利回り 1.292 → 1.299

ドルインデックス 90.582 → 90.916

くりっく365
ドル円 106.005 → 105.880
ユーロドル 1.2109 → 1.2043
ユーロ円 128.305 → 127.505
ポンド円 147.41 → 146.80

NY金 1799.00 → 1772.80
NY白金 1279.60 → 1257.70
NY原油 60.05 → 61.14
NY銅 3.838 → 3.824

ダウ工業株30種平均は前日比90ドル27セント(0.3%)高の3万1613ドル02セントと3営業日続けて過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和が長期化するとの観測が相場を押し上げた。FRBは1月26~27日開催のFOMC議事要旨を公開。会合参加者が労働市場の回復ペースの鈍さなどを理由に、景気は「FRBの目標とする水準にはほど遠い」との認識で一致していたことが明らかになった。

米ドル円は反落。予想を大きく上回った米1月生産者物価指数(PPI)や小売売上高を受けた回復期待に債券利回り上昇に伴うドル買いが加速。その後、インフレを警戒した株安に連れ利回りが伸び悩みドル買いが後退、さらにリスク回避の円買いが優勢となった。

NY金は続落。米大型経済対策や新型コロナウイルスワクチン普及への期待が広がる中、米長期金利は約1年ぶりの高水準で推移。外国為替市場ではドル買い・ユーロ売りが優勢となり、ドル建てで取引される金塊などの商品に割高感が生じたことから、金売りが活発化した。

NY原油は続伸。石油輸出国機構(OPEC)プラスによる減産や、新型コロナウイルスのワクチンによる経済活動の正常化で需要回復が鮮明となり、需給改善期待が高まっている。また、寒波に見舞われた米テキサス州で原油や石油製品の生産が一部不能となっていることも引き続き支援要因となった模様。


応援クリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。